鶏骨草膠嚢



東苑のすすめ品


鶏骨草膠嚢

牛黄清心丸
(ごおうせいしんがん)
片仔廣(へんしこう)
至宝三鞭丸
金水宝膠嚢
烏鶏白鳳丸
月月舒
雲南白薬
牛黄降圧丸
消渇丸
三金片
海馬補腎丸
五子衍宗丸
華侘再造丸
血毒丸
(国医堂製)

隆力奇純蛇粉
田七人参
鹿角霊芝
冬虫夏草
朝鮮人参
霊芝
アガリクス茸
プロポリス

漢方薬


鶏骨草膠嚢

肝 臓 機 能 の 回 復

鶏骨草膠嚢
国 家 基 本 薬 物
国 家 中 薬 保 護 品 種
鶏骨草膠嚢1鶏骨草膠嚢2
鶏骨草膠嚢3鶏骨草膠嚢4
包 装 価 格
カプセル
48粒/箱
8箱(約1ヶ月分)
11,000円
16箱(約2ヶ月分)
20,000円
製造先: 広西玉林製薬有限責任公司
上記価格は商品代、送料、消費税などすべての料金は含まれております



歴史の長い伝統的な肝臓病治療薬です。主成分の鶏骨草は“甘涼、清熱解毒、疏肝散腫”の作用があり、肝炎による肝臓の損傷を優しく補償します。補助成分の菌陳は“清熱利湿”の働きで、黄疸を抑制することができ、動物生薬の牛黄と胆汁は解毒の良薬で、ウイルスに対する殺菌作用があります。臨床実験デ−タにより下記の効果があります。
1.急性のウイルス肝炎に対し、92.3%の有効率があります。
2.慢性、遷移性肝炎および早期の肝硬変に対し、77.5%の有効率があります。
3.長期活動的な頑固性肝炎、肝硬変に対し、65.3%の有効率に達しています。

【主な成分】
鶏骨草、菌陳、枸杞子、三七、人工牛黄、猪胆汁、白芍、牛至、大棗など

【効能】
急・慢性、遷移性肝炎及び肝硬変に。

【用法用量】
1回4粒を1日3回。食事後30分後、白湯やぬるま湯で服用。

アドバイス
妊婦は使用しないで下さい。
お酒、たばこ、唐辛子など刺激性のあるものをなるべく使用しないで下さい。


肝臓や胆嚢病に関連漢方薬

(肝臓機能回復)
片仔廣
片仔廣
(黄疸性肝炎の治療に)
赤丹退黄顆粒
赤丹退黄顆粒
(肝炎の治療薬)
垂盆草沖剤
垂盆草沖剤

(脂肪肝の治療に)
百消丹
百消丹
(肝炎の治療に)
乙肝寧
乙肝寧
(肝炎の治療に)
999肝達片
(脂肪肝の治療に)
朝陽丸
朝陽丸
(肝炎の治療に)
護肝片
護肝片

(胆結石の治療に)
利胆排石片
(黄疸の治療に)
消炎利胆片
[胆嚢炎(黄疸)の治療に]
熊胆粉
[胆嚢炎、胆道炎の治療に]
舒胆膠嚢
舒胆膠嚢

商品写真や薬名をクリックすれば詳細説明がでます