田七人参に関する説明と販売

田七人参の選び方、田七人参の効能の生かし方…漢方薬の情報も

文山県産の田七人参Panax notoginseng

「田七人参」の優良産地ー中国雲南省文山県から厳選した最高品質のものをお客様に供給しています。「田七人参」の加工は現地ではなく、「田七人参」の姿のまま輸入し、 自社工場で加工して販売しています。

貴重な天然健康食品「田七人参」

田七人参(Panax notoginseng)は朝鮮人参と同じ「ウコギ科」に属する多年生植物です。
田七人参は朝鮮人参と同じ種類の植物ですが、不思議なことに、生産環境は朝鮮人参と全く反対で、湿度の高い熱帯高山環境を好みます。

  • 田七人参の産地は中国雲南省です。雲南省以外でも採れないことはありませんが、その質は格段に落ちると言います。
  • 雲南省のなかでも最も優良な産地は、ベトナムと接する海抜1500〜2000メートルの山地の、文山県にある壮族と苗族の自治州です。

確かに、中国古代名医李時診氏の漢方歴史名著『本草綱目』の中でも、田七人参は、このように記載されています。“本名山漆、謂其能合金瘡、如漆粘物也。此説近知、金不換、貴重之称也”。
[金不換]、つまり「金にも換えられない」という意味の異名を持つほど、貴重かつ高価なものだということです。中国では昔から健康を増進する貴重なものとして田七人参を珍重し、ひと昔前までは一部の特権階級、さらに遡れば王侯貴族しか口にすることができませんでした。

苗族の人たちの田七人参の畑の管理風景
田七人参の畑1 田七人参の畑2 田七人参の畑3

「田七人参」の無農薬栽培

近年、世界中で田七人参に関する研究が盛んに行われています。田七人参の消費量が増え、特に日本やアメリカなど先進国向けの輸出では、高品質な商品が要求されるため、無農薬栽培や、有機肥料の使用 などが徹底的に実施されています。現地でも“無公害栽培”や“自然生態平衡”といって、いろいろな研究が行われ、そのための“三七栽培技術中心(センタ-)”や、植物研究所、国の無農薬試験センター も多数設立されています。
田七人参は多年生植物で、最低でも3年の成長期間が必要とされ、その間の虫喰いの防止が最大の難関となります。現地の人たちは抗虫種を育てたり、根の周りに 木灰を撒いたりするなど、いろいろな方法を利用して、虫喰防止をしています。


「田七人参」の主成分と効能

  • 田七人参の成分は、サポニン、フラボノイド、ステロ−ル、有機ゲルマニウム、鉄分、アルギニンなどです。
  • その他に田七人参の特有のトリテルペン配糖体などがあります。特にインタ−フェロンを誘発する有機ゲルマニウム含有量は朝鮮人参の1.5倍程度になります。

田七人参の効能については、健康食品(医薬部外品)として、薬事法第54条、第59条、第66条により、効能・効果に関わる記述を認められていませんので、全く残念ですが、省略させていただきます。


上質な「田七人参」を選ぼう

田七人参の高級品
田七人参の品質について、日本では“6年根”や“7年根”で品質を区分する業者が多いようですが、実は、中国では田七人参の品質は八等級に区分され、等級によって値段も違い、全く効能効果が望めないものまであるようです。
田七人参の等級区分は、主にその大きさによるもので、例えば10個の人参で1kgの重さになるものは、“10頭”といって、1つの等級になります。
田七人参の中でも最も質のよいものは、雲南省文山県産のもので、地元の人は『銅皮鉄骨田三七』と称しています。また採る時期によって、秋に、田七人参の花が咲く前に採取したものを”春七”、冬に種子が成熟してから 採取したものを”冬七”と呼び、この中で”春七”の質が最もよいとされています。

当社の「田七人参」販売について

  • 当社は長年にわたり、文山県の「参場」(田七人参の栽培農場)において、田七人参を厳格に選別して輸入してきました。
  • 商品の加工については、現地で加工して輸入するのではなく、田七人参の姿のまま輸入し、自社工場で加工して販売しています。当社は最高の品質のものをお客様に提供することができます。

「田七人参」の飲み方法

田七人参の販売
  • 田七人参は粉にしてそのまま飲むか、カブセルに詰めて飲むのが普通です。
  • 一日分は三〜六グラムが適当、より効果を高めたい時には一〇グラムほど用いでもよいでしょう。一日分はなるべくニ、三回分けて飲むのがおすすめです。