牛黄清心丸
ごおうせいしんがん


東苑のすすめ品


牛黄清心丸
ごおうせいしんがん

牛黄清心丸
片仔廣(へんしこう)
至宝三鞭丸
金水宝膠嚢
烏鶏白鳳丸
月月舒
雲南白薬
牛黄降圧丸
消渇丸
三金片
海馬補腎丸
五子衍宗丸
華侘再造丸
天仙液
消栓再造丸
血毒丸
(国医堂製)

隆力奇純蛇粉


牛黄清心丸

北京同仁堂の 牛黄清心丸
滋養強壮・鎮静安神・動脈硬化・脳卒中後遺症

北京同仁堂の牛黄清心丸の包装デザインが変わりました。

牛黄清心丸、天仙液、三便宝

現在のデザイン(10丸入タイプ)
牛黄清心丸の写真写真を大きく見る

同任堂の漢方薬の牛黄清心丸

以前のデザイン(10丸入タイプ)

牛黄清心丸(ごおうせいしんがん)
3g×10丸入


6丸入のデザイン

牛黄清心丸
3g×6丸入

このタイプの詳細紹介


曲美や三便宝、鹿角霊芝などと牛黄清心丸

牛黄清心丸の方剤は最初、中国宋朝時代(960〜1279)の医学名著方書《太平恵民和剤局方》 に収載した「牛黄清心方」である。その後、長い年月に経て、その方剤中の生薬の変更や用量加減などに加え、脳卒中(脳梗塞、脳出血)治療の有効な薬として民間に広く 使用されていた。

牛黄清心丸が一躍浴びたのはその500年後の清朝時代(1644〜1911)、清朝宮庭用薬のため、医学名家が集め、「牛黄清心方」を さらに検討し、多種の珍奇薬材を巧妙に配合して入方させ、脳卒中(脳梗塞、脳出血)治療だけでなく、鎮静安神、化痰熄風、降血圧、滋養強壮な ど多 機能を持つ“幻”の薬に変わったのである。当時清朝宮庭専用の「清宮御薬製薬房」である同 仁堂(現 在の北京同仁堂総公司)がその新しい方剤を製薬し、清宮秘方といわれる清朝宮庭専用の秘薬「牛黄清心丸」が生まれたのである。

あれから300年後の現在に至って、牛黄清心丸について沢山の研究を重ねてきたが、薬の成分は大きな変化がなく、ほとんどその当時 の「清宮秘方」の内容のまま残している。しかし、同仁堂が牛黄清心丸を公開して全国に普及させ、海外にも大量に輸出し、世界中に知られている大手製薬メ−カ −“北京同仁堂総公司”になった。同仁堂がこんなに大きくせいちょうしたのは「清宮御薬製薬房」の原因であるが、牛黄清心丸がその主な要因ともいわれている。

【牛黄清心丸の主成分】
牛黄、羚羊角、麝香、人参、白朮(麸炒)、当帰、白芍、柴胡、干姜、阿膠、桔梗、水牛角の濃縮粉など27味生薬

【効能】
滋養強壮、益気養血、清火解熱、化痰熄風、鎮驚安神。
脳卒中(脳梗塞、脳出血)などの脳血管障害に及ぼした脳卒中後遺症、半身不随、言語障害、行動障害、意識障害、手足麻痺など。
ストレスによる精神不安定、記憶力減退、不眠症、耳鳴り、または体の衰弱にもおすすめです。

【用法用量】
1回1丸を1日2回(病気重い場合は3回)、食後30分後、白湯で服用。
服用方法の詳細:
牛黄清心丸の外包を割り、なかの丸薬を小さく切って飲む。或いはそのまま口に入れて、かんで服用する。

【価格】
3g×10丸入×6箱 (約一ヶ月分) 27,600円
3g×10丸入×12箱 (約二ヶ月分) 54,600円

上記価格は商品代、送料、消費税などすべての料金は含まれております

【注意事項】
牛黄清心丸の服用中に酒や油っぽいものをなるべく食用しないようにしてください。

【製造メ−カ−】 北京同仁堂

脳卒中(脳梗塞、脳出血)などの脳血管障害、
またそれに及ぼした脳卒中後遺症に関連漢方薬

(半身不随の治療に)
華侘再造丸
(半身不随の治療に)
偏たん復帰丸
(言語障害の治療に)
消栓再造丸

(言語障害の治療に)
消栓再造丸
「脳卒中後遺症の治療に]
中風回春丸

商品写真や薬名をクリックすれば 詳細説明がでます